英語レッスンを始めようと思った理由

前回の記事に載せた内容のようなスタイルでTOEICレッスンを始める前に、趣味として家族や友人に無料で英語レッスンをしていました。

初期の英語レッスン概要

当時はTOEICではなく、「イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ [ 古川昭夫 ]」というテキストを使った基本的なビギナー向けの英語のレッスンという感じでやってました。趣味で無料で身内ということで、わりと緩い感じで進めていたと思います。スケジュールは何曜日何時とか固定でなくお互い暇な日にいれて頻度もだいたい2週間に1回とかそれくらいで、場所は私の自宅でくつろぎながらやって、レッスンが終わったらお菓子を食べながら雑談、みたいな感じで。1回のレッスン時間もはっきりとは決まっていなくて、だいたい1時間~1時間半くらいでキリのいいところまでやっていました。

友人たちは気を使っていつもいいお菓子を持ってきてくれて、「そんなのいいのに~」とか言いながらもいつもありがたくいただいていました。なので厳密には無料でやってたとは言えないのか。どうなのか。とにかくお金は一切もらってませんでした。

英語レッスンを始めようと思った主な理由リスト

なんで英語レッスンを始めようと思ったのかというと、だいたい以下のような理由です。

  1. 自分が英語力アップに効果のあった学習方法が他の人でも同じように効果があるのかどうか興味があった。
  2. 自分がやっていた英語学習方法は他の人でも絶対に効果があるだろうと自信があったので、試してみたかった。
  3. 自分が英語学習をしている時代に考えていた理想の英語レッスンを実現してみたかった。
  4. 上記3つのような考えがぼんやり頭の片隅にずっとあったが、そんな折ビギナー向けのすげーよくできた理想的なテキストを見つけた。

理想のテキストを見つけたけど自分には遅かった

ビギナー向けのすげーよくできた理想的なテキストというのが「イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ [ 古川昭夫 ]」という本です。これを最初に見たときは、「ああ、私がビギナーの時にこの本がでていればずいぶん楽しく苦も少なく英語学習できただろうな。タイムマシンがあったら昔の私に買って持ってってやるのにな。」と思っていました。

たぶんそこそこ売れているらしく、本屋に行くといつもその本は平積みされていました。なので必ず目に入ります。目に入るたびに「ああ私がビギナーだったら以下同文」ということを考えていたわけです。

自分には遅いなら、今ちょうどいい人を探してみよう

そんな時ふと、隣にいる妹に「あんた英語学習興味ない?ビギナー向けにすごくいいテキストがあるんだけどそれでレッスン受けてみないかい」と聞いてみました。ダメもとで。十中八九「めんどくさいからやらんよー」と言われるかと思っていたのですが、意外なことに「おーやってみたい」という返事が返ってきたのです。これはホントに意外でした。なぜなら彼女はそれまで英語に興味があるなんて話してもいなかったしそんなそぶりもなかったからです。そして昔からめんどくさいことは嫌いなタイプでもあったからです(これは私も同じく)。

ともあれ、思い付きで気軽に始めたレッスンでしたが思っていた以上に長続きし、3人にレッスンをして3人ともテキストを完了するまで続けてくれました。期間にして半年程度、回数にして十数回だったと記憶しています。

楽しかったです。

趣味で始めた英語レッスンの意外な手ごたえ

仲のいい友達や妹とだったからというのもあると思いますが、それを抜きにしても「英語を教えるの楽しい」と感じていました。
そして3人ともレッスン内容に関して「楽しい」「続けやすい」と言ってくれていました。効果に関しては「あまり感じない」と「けっこう感じる」と意見は分かれていましたが。

この経験があったので「「もうちょっとちゃんとカリキュラムを組んで、有料で英語レッスンを募集してみたい」と思うようになり前回載せた記事のようなレッスンを始めたのです。

次回は、なんでTOEICレッスンを始めたのかその理由を書いてみたい・・・と思っていたのですが、せっかくなのでこのレッスンについてもう少し書いてみたいと思います。


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください