過去にやっていたビギナー向け英語レッスンについて:レッスンをするにあたり心がけていたこと

前回の記事では英語レッスンを始めるようになったきっかけの話の中の一つとして友人等に対して行っていたビギナー向け英語レッスンについて少し紹介していました。

今回は、そのレッスンの内容についてもう少し詳しく書いてみたいと思います。テーマは「レッスンをするにあたり心がけていたこと」です。

レッスンをするにあたり心がけていたことのリスト

  1. 内容が楽しいor面白いor興味深い。
  2. 未消化のまま進まない。
  3. レッスンさえ受けていればある程度レベルアップする内容。予習復習がいらない内容のレッスン。
  4. 宿題はなしか、生徒の意欲によって調整できる。

上記リストの補足説明

それぞれについて少し補足説明いたします。

1.内容が楽しいor面白いor興味深い。

英語レッスンの多くは「一般的なよく使う英語表現」を学ぶようなコースが多く、レッスンやテキスト自体が面白い・楽しいと思えるような内容のものには出会えることはなかなかありませんでした。

あいさつや時間の表現や道順の説明や天気のことなどはつまらんのです。
ボブだかサップだかの友人だか彼女だかとの他愛のない会話には興味がわかないのです。
そもそもスピーキングに(それほど)興味がないのです。

リーディングやニュース英語のコースではときどき面白い・興味のある内容にあたることもありましたが、興味のないニュースもたくさんあり、面白いのにあたる率は2割からいいとこ2.5割くらいだったと記憶しています。プロ野球のバッターだったら高確率で2軍に落ちる打率です。

このテキスト「イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ」は、子供向けなんですが大人が読んでも十分楽しめるストーリーなのでレッスンの教材として選びました。というか、このテキストを見つけたからレッスンをやってみたいと思いました。このテキストがなかったらこのレッスンは思い付きもしなかったはずです。

内容が面白いと感じるかどうかはもちろん好みはありますが、ディズニー映画や宮崎映画みたいにわりとみんなが面白いと思う作品というのはあると思います。このテキストもなんというか子供だましじゃないというか、トイストーリーやとなりのトトロと同じように大人が見てもちゃんと面白い作品だと私は思いました。

2.未消化のまま進まない

中学校でも高校でも短大でも留学中でもSkypeのオンラインレッスンでも、どの英語授業も私は未消化で終わった感が強かったです。わかったようなわからないような。わからないような全くわからないような。どこがどうわからないのかもわからないような。

授業のスピードが速すぎる。
解説が簡略的すぎる。
早く読めって言われてもできないし、じっくり読みたい。
たのむから、もっとゆっくりじっくり教えてくれ!ついて行けない!息ができない!おぼれる!

と、授業中よく思っていました。

学校の授業はどちらかというと「できる」子のほうのスピードに合わせがちな気がします。あと、予習復習宿題はちゃんとやっている前提で授業が進んでいる気もします。
私はできないうえに予習復習もしないタイプだったのですが、そういう生徒に合わせたレッスンがあればいいなあ~なんてナメ切ったことを考えておりました。というわけで「未消化のまま進まない」、ゆっくりじっくり生徒の理解力に合わせて超スロースピードで進むレッスンというのが理想のレッスンの要素の一つです。

3.レッスンさえ受けていればある程度レベルアップする内容。予習復習がいらない内容のレッスン

レッスンで一度習っても、復習しないとすぐ忘れます。長年英語の授業を受けていても、英会話学校に通っていても、それだけではレベルはなかなかあがりません。予習復習は大事です。わかってはいるけど、なかなかできない、ですよねえ。私はできませんでした。

予習復習も全部パッケージされたレッスンがあればいいのに。
自分で航空券もホテルも手配する個人旅行は自分の好きなところに好きなスケジュールで好きなようにアレンジできるのがいいところですが、全部まるっと旅行会社が手配してくれるパッケージツアーも初心者にはありがたい存在ですよね。
予習も復習もレッスンもまるっといい感じにまとめられたパッケージ英語レッスンがあればいいのに。

ということで、授業さえ受けていればオールオッケーな、予習復習もセットになったパックレッスンが理想の要素の一つとなりました。

4.宿題はなしか、生徒の意欲によって調整できる

宿題は気分によってやるかやらないか決めたい。宿題をやってきた前提でレッスンを進めるのではなく、調整ができるレッスンがいい、ということです。

まとめ

以上が「私がレッスンをするにあたり心がけていたこと」です。要は、自分が生徒だったら受けたいと思うような内容のレッスンをしてみたという感じです。


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください