ブログ名とブログのテーマを変更しました

大変お久しぶりです。
約1年ぶりの更新です。
もう誰も見ていないかもしれませんが、そもそも最初から誰も見ていないかもしれませんが、ブログ名とブログのテーマを変更しましたのでお知らせいたします。

当初は「英語学習」に絞って内容にするつもりでしたが、何をどう書いていくかあっという間に行き詰まり、グダグダ考えているうちに1年も放置状態でした。

内容が薄っぺらでも意味不明でも何もしないよりはマシだろうか。マシだろうたぶん。

と考えいたりまして、何でも好きなことを思いつくままに書いていくブログに変更し、文章のクオリティも気にせずとにかく書くこと、書き続けることを第一優先にすることにしました。

色々なカテゴリを取り上げつつ英語学習についてももちろん書いていく予定です。

まずは、何でもいいから週3回以上の更新を目標にします。
どうぞよろしくね!よろしくよろしくよろしくね!(FUJIWARA原西のなるほどな!のギャグ風に)

私の英語学習履歴

私の英語学習履歴&英語関連資格試験の取得履歴をまとめました

■中学時代
初めて英語を学習する。英語は好きでも嫌いでもない教科。漫然と授業を受ける日々。英検はクラスのほぼ全員が受けていたためなんとなく受験。

1991年(13歳):英検5級
1992年(14歳):英検4級

■高校時代
高2の頃海外と英語に興味を持ち始め、授業を真面目に受けるようになる。

受験勉強は、どう勉強すればいいかわからずほとんどやっていなかったと言っていいレベル(ターゲットとという単語帳を覚えたぐらい)。

1995年(17歳):英検3級

■短大時代
英語科に入学し2年間勉強 + 短期留学計7週間。

出席日数こそギリギリだったが、授業は真面目に聞いていた。7週間の留学でリスニング力が大幅アップ。

ウォークマンでリスニングなど、自己流で独学もしていた。

1997年(19歳):英検2級(1次のみ)

■社会人時代1(挫折期)
短大卒業後留学を希望するも親が大反対。実家を出て一人暮らししながら働き留学資金を貯めつつ英語の勉強をすることに。体力と精神力を消耗し数カ月でほとんど勉強しなくなる。

ときどき「このままじゃダメだ」と思い立ったように勉強するが続かず、6年間英語レベルは完全横ばい。典型的な挫折した若者状態。

1998年(20歳)〜2004年(26歳):英語関連の資格取得なし(英検準1級不合格C判定)

■社会人時代2(英語学習法マニア初期)
「英語は絶対、勉強するな!」という本に感化され、26歳で英語独学開始。楽に英語力が上がったことに味をしめて色々な英語学習ハウトゥー本を読み漁るようになる。

2005年(27歳):TOEIC780 (L425,R355)
2006年(28歳):TOEIC815 (L475,R340)
2008年(30歳):TOEIC825 (L445,R380)
        英検準1級
        IELTS6.0 (L6.5/R6.5/S5.0/W5.0)

■語学留学時代
留学に必要な英語力と資金がようやくたまり、ニュージーランドに語学留学する。スピーキング力とライティング力がかなり低かったので正規留学の前に3.5ヶ月語学留学を申し込んだ(2009年3月〜6月)。

2009年(31歳):IELTS7.0 (L6.5/R6.5/S7.0/W7.0)

■正規留学時代
ニュージーランドのポリテク(専門学校と大学を合わせたような学校)のITコースで1年勉強。課題に追われ英語自体の勉強はあまりしなくなる。

2009年7月〜2010年6月:英語関連の資格取得なし

■社会人時代3(小休止期)
ニュージーランドから帰国してしばらくはあまり英語学習する気にならず。それでも留学でどのくらい英語レベルが上がったのか知りたくてTOEICを受けてみる。思ったより伸びていなくてちょっとショック。

2011年(33歳):TOEIC865 (L480,R385)

■社会人時代4(英語熱再燃期)
2012年12月ごろ、英語熱が再燃し独学再開。「TOEICオタクのブログ」というブログに影響されてTOEICの勉強にハマる。

2013年(35歳):TOEIC970 (L495,R475)

■アマチュア英語講師時代(英語学習方法教えたい熱期)
自分に効果があった英語学習方法が他の人にも有効なのか知りたくて、人に英語を教えたい熱が発生。身近な妹と友人二人にレッスンを試みる。教えるためには文法力が必要と気づき、基本から文法を学習するようになる。

2015年〜2017年:英語関連の資格取得なし

■ブログ時代(2017年現在)
英語学習法教えたい熱がこうじてブログを立ち上げる。





にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ

このブログについて

はじめまして。

英語学習マニアのみーこと申します。貴重なお時間を使ってこのブログを読んでくださりありがとうございます。

さて、いきなりですが問題です。
私が「英語を勉強しよう!」と思い立ってからある程度英語が喋れるようになるまでどれくらいの期間がかかったでしょう

a.1年
b.3年
c.10年
d.15年

正解は。。。

35億
(でんでんでんででん♪でんでんでんででん♪←あの音楽byブルゾンちえみwithB)

ではなくて、d.の15年です。

今話題の藤井四段は14歳(2017年7月15日現在)なので、彼がおぎゃっと生まれてからプロ棋士になって29連勝という新記録を作るまでの時間全てをかけてもまだ私は英語一つ習得できてないってことです。何をやっていたんでしょう私は、ねえ。

さて、それではもう一つ質問です。

もしうちの机の引き出しがタイムマシンの入り口だったとして、今の私が「英語を勉強しよう!」と思い立った日にタイムスリップできたとします。iPhoneやらパソコンやらあらゆる文明の利器と秀逸かつ面白い教材を持って行って、今までやってきた中で効果のあった選りすぐりの勉強法をあの頃の私に教えることができたとしたら、当時の私はどれくらいの期間である程度の英語が喋れるようになったでしょうか?

a.1年
b.3年
c.10年
d.15年

正解は、b.の3年です。しかも、15年かけてやった時より「ラクに」、「楽しく」、「ストレスなく」英語を学習できたと思います。

英語学習方法のマニアになった理由

私が英語学習方法のマニアになった理由は、自分にあった学習方法を見つけた時面白いように英語力がグイグイ上がったから、です。グイググイグイググイグイググイグーコォーーーーーーー(byエドはるみ、ってそれはグー)

15年かけても英語力が全く上がった実感がなかった時は、ゴールの見えない苦しさと不甲斐ない自分に対する自己嫌悪なんかで悶々とした日々を送っておりました。

英語力が上がっていくのを実感できるとそれだけでも英語学習は楽しいし、「あとどれくらい学習すればどれくらいの英語力になる」というゴールが見えていると、精神的にもだいぶ楽になります。

大きな効果を実感できる、これが英語学習方法マニアになった一つの理由です。最初の頃は「方法論なんか勉強している時間に単語の一つでも覚えた方が英語力上がるんじゃね」と思っていましたが、結果としては英語学習方法の研究に時間を割いた方がトータルでは少ない期間で英語習得できたと思います。

もう一つの理由は、英語学習方法関連の本やブログを読むのが純粋に面白かったというのもあります。みなさんそれぞれ英語習得にはドラマがあり、しくじり先生的な失敗談あり、と、読み物として楽しかったし英語学習のモチベーションアップにも効果的でした。

このブログは過去の私(のような人)に向けて書いている

昔の私に英語学習のアドバイスできたらこれとこれを教えて、めっちゃ効率よく楽しく勉強できてただろうなー、と時々妄想しているのですが、残念ながら私はタイムマシンを持っていませんのでそんなことできるわけもなく。

でもあの頃のみーこのような人が今どこかにいるかもしれないと思った時、「こんないい英語学習方法ありまっせ」と伝えたい衝動に駆られこのブログを立ち上げることを決めました。

なので、このブログは英語学習について「あの頃苦しんでいた私」と「今苦しんでいるあなた」を重ね合わせて思い描きながら、何か役に立つ情報を載せていけたらと考えてます。

具体的なブログの内容

では具体的にはどういった内容のブログにしていくかというと、ざっくりと以下のようなことを書いていこうかと考えてます。

  • 私が実際にやった英語学習の方法とその効果(失敗談含む)
  • アプリなどの英語学習ツールの紹介
  • 私の英語学習に対する考え方
  • TOEICスコアアップ体験
  • IELTSスコアアップ体験(特にライティング)
  • 留学にかかった費用と効果

記事にしてほしいテーマのリクエストなどあればぜひコメントかお問い合わせでメッセージください。

最後に、このブログがあの頃の私と同じ様な悩みでもがいている人の少しでもお役に立てればうれしいです。

どうか今日も皆さんが楽しく有意義な英語学習ができますように(^^)/

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ